カトリック室蘭教会 Chatholic Muroran Church
about us/Catholic Muroran Church
Japanese English
TOP NEWS スケジュール 概要 主任神父 お問い合わせ Link
トップページ
室蘭教会ニュース
スケジュール
今月のスケジュール
年間スケジュール
教会の概要
教会の歴史
教会の活動
施設紹介
交通アクセス
主任神父の紹介
お問い合わせ
リンク
室蘭の美しい景観のフリー画像サイト Rangle 【ラングル】
室蘭の自然と共に生きるハヤブサGallery
室蘭教会ニュース
[ 一覧ページへ戻る ]
[全件](34件) を新着順に表示
[ NEXT>> ]
あやまればいいの それであんたは気がすむの
親が子に、教師が生徒に「謝れ」と言っている。
誰が見ても悪いと分かり、子供自身も悪い事をしたと思っている時は、あまり問題ないでしょう。

しかし、子供にも三分の理があると思っている時はなかなか謝れないものだ。
「謝る事」と「謝らせられる事」とは大きく異なる。

「する事」と「させられる事」の意味は大きく異なる。
「謝らせられる」のは、無理やり「無条件降伏」をさせられる気分だ。


親や教師は無理やり言葉で「ゴメンナサイ」と言わせるだけで、すべて解決したと考えているのだろうか。
無理やり謝らせられている子供を見ていると、悔しさ、悲しさ、怒り、反発心、復讐心を育てているように見えるのです。

まして、その上に謝っても許してもらえないときている。

「お前は心から謝っていない」「心から謝れ」と強く要求する。
これは何なんだろう。
いったい子供に何を要求しているのだろう。

きっと「形だけで謝るな」と言いたいのでしょう。
「心から気づき、心からの反省」を願っているからでしょう。
それは正しい願いです。

それなら、そのようにしてやって下さい。
心から気づき、反省できるように、そこに力をそそいで下さい。

見ていると、どうもそうではなく、謝るという形を要求されているように子供には思えるようです。

「謝ればいいんだろう!あやまれば!」となる。


何故でしょう。
それは教師も親も、権力を持っている者として子供に接しているからでしょう。
力のある者が力のない者に「謝れ」と言う時、これは「心の気づき」よりも「謝る形」を要求しているようにしか子供には取れないのです。

子供も、少しは自分の気持ちを知って貰いたくて、説明や弁明をしようとするでしょう。
しかし、「ごまかすな!」「弁解するな!」とまた叱られます。

自分の気持ちを聞いて貰えない時、気持ちを傷つけられた時、子供は心のパイプを閉じてしまいます。
お互いの心の交流が成立しません。

相手の話を聞こうとする気持ちを失った時は、「心からの気づき」を求める道は閉ざされ、残るのは力と力による解決だけです。

「子供が失敗をした時」。
これは宝の時です。
成長するための絶好のチャンスです。

このチャンスを「力による解決」ではなく、子供が自分で気づいていくには、親はどうしたらいいのでしょう。

子供は何時でも「立派な大人になりたい」「より良く生きたい」
と願っており、又その力を確実に持っているのです。

この原則に立って、さて親、教師はどうしたらいいのでしょう。


そうですね、弁解を聞いてやって下さい。
(弁解するということは、自分が悪かったと思っているのですから)
そして、君のした事が人を「こんなに困らせたこと」を伝え、人が悲しい思い、苦しい思いをしたことを、きちんと知らせてやればいいでしょう。

自分のした事の影響、社会の人たちに与えた影響が分かったら、それでいいでしょう。
気づくことが目的なのです。

若い人(大人でも)は自分を創っている最中、自分にも三分の理があると思っている時は、なかなか素直に「ゴメンナサイ」とは言いにくいものです。
その気持ちを分かってやりながら、宜しくお願いしますね。

明日の朝まで待ってやると、「昨日の事、ゴメンナサイ」と言うかもしれない。
一晩、自分と闘ったのでしょう。

[ NEXT>> ]
[ 一覧ページへ戻る ]
Database Factory Ver 3.4
  | トップページ | ニュース | スケジュール | 教会の概要 | 主任神父 | お問い合わせ | リンク | >> このページの上へ
カトリック室蘭教会バナー
※このサイトはリンクフリーです。
【カトリック室蘭教会】 [地図を見る]
〒051-0025 室蘭市常盤町15-11 Tel.0143-22-5496 [お問い合わせ]
Copyright © Catholic Muroran church. All Rights Reserved. 管理ページ