カトリック室蘭教会 Chatholic Muroran Church
about us/Catholic Muroran Church
Japanese English
TOP NEWS スケジュール 概要 主任神父 お問い合わせ Link
トップページ
室蘭教会ニュース
スケジュール
今月のスケジュール
年間スケジュール
教会の概要
教会の歴史
教会の活動
施設紹介
交通アクセス
主任神父の紹介
お問い合わせ
リンク
室蘭の美しい景観のフリー画像サイト Rangle 【ラングル】
室蘭の自然と共に生きるハヤブサGallery
室蘭教会ニュース
[ 一覧ページへ戻る ]
[全件](29件) を新着順に表示
[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]
「言わせない」「言わせてさせない」どう違う
全く違うのです。
「言わせれば、好き勝手なことばかり言う」
「話しを黙って聞いてやると、わがままになる」
「言わせないで、我慢させることが大切」
と考えている親、教師が多くいる。

しかし、親は何でも本音で話し合える家庭、関係を強く願っているのに。

例えば、「お父さん、山田さんの家、クーラー付いててすごく気持ち良かったよ」
と言ったとする。

そのとき父は「わがまま言うな!」とか、「お前はいつも楽する事ばかり考えている」とか、「勉強に集中していれば、暑さなんか気にならないんだ」とか言って、話しを打ち切る。

何故もっと話したがっているのに、やめさせようとするのだろう。

二つ考えられる。一つは、「そんなことを言うのはワガママだ」と考えている時。

「気持ち良かったよ」と言うのはワガママだろうか。
正直な気持ちを言っただけでしょう。

話しをさせない、もう一つの理由は、「買えない、買わないのだ」の結論にこだわっているからでしょう。

しかし、子供は「買ってくれ」とは、まだ言っていない。
ここで父が「そうか、クーラー気持ち良かったのか」と聞いてやったら、子供は安心して、いろいろ話しをしたかもしれない。

夜、寝やすいとか、勉強しやすいとか言うかもしれない。
それはそれで結構。
父さんと話しをしたいから話しているのです。
聞いてやってもいいのではないでしょうか。

しかし、最後には「買って!」が出るかもしれない。
これを恐れていては、話しは聞けない。
真実を持って対応すればいい。

「そうか、欲しいか、しかしお金が無いんだ」でも、「今、買う考えはない」でもいい。
正直なお父さんの考えでいいのです。

講演会でこの話しをした時、あるお父さんが「話しを聞くだけ聞いておいて、最後にそれはできないでは、子供をペテンにかけることになるのではないか」と質問されたことがあった。

そうでしょうか。
子供は必ずしも、そうは考えていないようです。

確かに日本では、できるか、そうでないか、の対応でしかコミュニケーションを考えられなかった傾向はあるでしょう。

しかし、結論は別に、ただ聞いてくれるだけでいいということが多いのです、

子供が親に一番望んでいること。
こどもは「自分の気持ちを知って欲しい」「話しを聞いて欲しい」です。

「カナダって、いい所なんだって」と言ったら、聞いてやって下さい。
何が出てくるか。

聞いている時、きっと普段知らなかった子供の一面を発見することがあるでしょう。
「連れて行けないのだから、聞く意味はない」とは考えないで欲しい。

いろいろな自分の気持ち。したい、行きたい、欲しい、いやだ、嬉しい、悲しい、我慢していること、頑張っている自分。

大好きなお父さん、お母さんに話したい。自分の気持ちを分かって欲しいのです。

思ったことを話せる家庭って素敵ですね。子供の命の育つ、ありがたい宝の場です。



[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]
[ 一覧ページへ戻る ]
Database Factory Ver 3.4
  | トップページ | ニュース | スケジュール | 教会の概要 | 主任神父 | お問い合わせ | リンク | >> このページの上へ
カトリック室蘭教会バナー
※このサイトはリンクフリーです。
【カトリック室蘭教会】 [地図を見る]
〒051-0025 室蘭市常盤町15-11 Tel.0143-22-5496 [お問い合わせ]
Copyright © Catholic Muroran church. All Rights Reserved. 管理ページ