カトリック室蘭教会 Chatholic Muroran Church
about us/Catholic Muroran Church
Japanese English
TOP NEWS スケジュール 概要 主任神父 お問い合わせ Link
トップページ
室蘭教会ニュース
スケジュール
今月のスケジュール
年間スケジュール
教会の概要
教会の歴史
教会の活動
施設紹介
交通アクセス
主任神父の紹介
お問い合わせ
リンク
室蘭の美しい景観のフリー画像サイト Rangle 【ラングル】
室蘭の自然と共に生きるハヤブサGallery
室蘭教会ニュース
[ 一覧ページへ戻る ]
[全件](50件) を新着順に表示
[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]
赤い髪 私の最後の防波堤
髪が長い。
先生が「もう二センチ切ってこい」と言う。
生徒は「絶対に嫌だ」と言う。

または、こんな場面。
先生「…分かったな。よし、分かったら、あの先生に謝ってこい」
生徒「それだけは、絶対に嫌です。そんなことするぐらいなら、学校をやめます」と言う。

ズボン、カバン、上靴…等。
こんな小さなことならやれるだろう。
そんなにムキになる程のことはないだろう。

と我々は思うが…さにあらず。

「髪を黒く染めるなら、退学する」と言う。
この頑張り、必死の抵抗を見ていると「何か」が見えてくる。

そう、これがこの子供にとっては防波堤であり、『生命』なのだと。
「回りから否定され続け、壊れそうになっていく自分」をやっとこれで支えているのだ。

どの子も回りと調和して、うまくやっていきたいと思っている。
しかし、それは「自分」が安全、無事でいられる場合だけ。

いつも回りから自分を否定され続け、認めてもらえず、かといって自分を変えて、回りの要求に合わせてやっていくこともできない。

そこには「自分」が何なのかはっいりしなくなり、訳がわからなくなっている子供がある。

思春期は「自我」を作り上げる作業をする、最も大切な時です。
否定されそうな自分。
壊れてしまいそうな自分。
訳が分からなくなった自分をやっと支えてくれるのが、この赤い髪であり、酒、たばこ、反抗で、この仲間たちなのです。

髪を二センチ切られても大丈夫な生徒もいます。
しかし、二センチが『生命』の生徒もいるのです。
「自我」を作り上げる最中で「これを取り上げられると自分でなくなる」と感じるようです。残念です。

こんな小さなことくらい(と大人は考えること)で壊れてしまう自分ではなくて、きまりをキチンと守っても「壊れることのない自分」であって欲しいと思うし、それを願って子供を育てている。

しかし、一人一人「自分を作っていく作業」は異なるのです。

何げなしに言った一言で、物凄く怒り、反抗することがある。きっとその子供の何か「大切なこと」に触れ、傷つけ、怒らせたのでしょう。

「そんなことで、怒るお前は変だ」
と言うことはできますが、「大切なこと」は一人一人異なるのです。

長い、または短いスカートが、もしくは赤い髪が、ギリギリの自分を支えてくれている最後の防波堤ならば、私たちは、どうしたらよいのでしょう。

大丈夫です。
そのうちに赤くなくても、坊主頭でもよくなる時がきます。

そういったことを無理して頑張る必要のない、揺るがない自分を作り上げるのです。
今は、そのための一つのステップを踏んでいるのです。

こうやって「太郎」ができていくのです。
黙って見ててやってくれればよいのです。

もちろん、困る事は困る。
だめな事はダメと注意するのは、当然、良いのです。

ただし、「生命がかかっているのだ」ということを、それだけ苦しみ、闘っているのだということを、知ってください。

そして「少々のことでは壊れない、はっきりとした『自分』を子供が作るために力を貸して欲しいのです。

髪や服装に、必死でこだわらなくてもよい自分。
簡単に壊れることのない自信をつけてやること。

それは、「お前は、お前のままで大好き。愛しているよ」をしっかりと伝えてやることでしょう。

[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]
[ 一覧ページへ戻る ]
Database Factory Ver 3.4
  | トップページ | ニュース | スケジュール | 教会の概要 | 主任神父 | お問い合わせ | リンク | >> このページの上へ
カトリック室蘭教会バナー
※このサイトはリンクフリーです。
【カトリック室蘭教会】 [地図を見る]
〒051-0025 室蘭市常盤町15-11 Tel.0143-22-5496 [お問い合わせ]
Copyright © Catholic Muroran church. All Rights Reserved. 管理ページ